地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、長岡の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

長岡の地域情報サイト「まいぷれ」長岡市

Cute Movies

セールスマン

本年度アカデミー賞外国語映画賞受賞! 第69回カンヌ国際映画祭脚本賞&主演男優賞W受賞

2017年6月10日(土)公開<br>(C)MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016
2017年6月10日(土)公開
(C)MEMENTOFILMS PRODUCTION-ASGHAR FARHADI PRODUCTION-ARTE FRANCE CINEMA 2016
セールスマン

監督・脚本:アスガー・ファルハディ 『彼女が消えた浜辺』『別離』『ある過去の行方』 
出演:シャハブ・ホセイニ/タラネ・アリドゥスティ

・第89回アカデミー賞外国語映画賞受賞
・第69回カンヌ国際映画祭脚本賞&男優賞W受賞
・第74回ゴールデングローブ賞外国語映画賞ノミネート 
・2016年ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞外国語映画賞受賞
・第52回シカゴ国際映画祭審査員特別賞受賞      
・2016年ミュンヘン国際映画祭 ARRI/OSRAM賞(外国語映画賞)受賞
・ワールド・シネマ・アムステルダム2016観客賞受賞    
・第21回サテライト賞 外国語映画賞受賞

ストーリー

作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」の舞台に出演中の夫婦。夫は教師をしながら、小さなの劇団で妻とともに俳優としても活動している。
ある日、引っ越ししたばかりの自宅で、夫の留守中に妻が何者かに襲われ、ふたりの穏やかだった生活は一変する。事件を表沙汰にしたくないと警察への通報を拒否する妻の態度に納得できない夫は、自分自身で決着をつけるべくひそかに犯人捜しを続ける。
演劇と犯人探し、夫婦の感情のずれがスリリングに絡み合い、やがて物語は思わぬ展開に…。

記者のみどころ

イランの名匠アスガー・ファルハディ監督最新作『セールスマン』。トランプ政権の入国制限大統領令に抗議し監督・主演女優がアカデミー賞をボイコット、さらに結果としてアカデミー賞外国語映画賞を受賞。映画が国境を越えることを証明した本作は、重厚で骨太な心理サスペンスだ。

襲われた妻と、それを許せない夫。忘却と解放を望む妻と、復讐に執着する夫。見事なまでの対比が印象に残る。距離感の違いから2人の仲は険悪になっていき、その先に濃厚な人間ドラマが待ち受ける。妻のために復讐を誓う夫と、それを望まない妻。重厚で胃がキリキリとするような2人の関係性に引き込まれる。

劇中には1度もスーツを着たセールスマンは出てこない。夫婦2人の所属する劇団は戯曲「セールスマンの死」の舞台を興行しており、そこで夫は主演のセールスマンを演じ、妻はそのセールスマンの妻を演じる。この戯曲の内容が作品の内容とかなり関係しているため、あらかじめ戯曲のあらすじをチェックしてからの鑑賞が望ましいだろう。

カンヌ国際映画祭で脚本賞と男優賞をW受賞など、世界から評価されている本作。圧巻のクライマックスの先で夫婦がとった行動は、現在社会への痛烈なメッセージに感じられた。濃厚な心理サスペンスの先に、夫婦を待ち受ける結末は。なお、Bunkamuraル・シネマ(渋谷)にて主演女優による初日舞台挨拶が決定しているため、都内近郊にお住いの方はご検討を。

Text by EISUKE